確信!同棲すると太る確率は上がる【恋人との幸せ太りを解消する方法】




ようやく手に入れた同棲生活!

笑顔で過ごせる恋人との毎日!

もう幸せすぎるんだけど~(´ε` )

・・・2~3か月後。

あれ・・・何だか〇〇太った?

っていうか自分も太ったかも?

え?これってまさかの幸せ太り!?

いや~んどうしたらいいの~( ;∀;)

ウケちゃん
という疑問に今回お答えします

 

女性を太らせることに定評のある僕ですが、過去にお付き合いしてきた方は、漏れなく見事にデブらせてきました。

なぜそんなことになるのかというと、もうね「美味し〜」って幸せそうに食べる顔を見るのが本当に好き過ぎる(笑)

 

「そうか!美味いか!」

「食べな?もっと食べな?」

って自分もテンション上がって「もっと彼女の喜ぶ顔が見たい!」もんだから、ついつい食べさせてしまうんですよね。

 

んで同棲生活を始める。

楽しくて幸せな恋人との日々。

1か月、2か月・・・と食生活は変わらずで、ある時思うんですよね「〇〇太ったな」って。

ある時ふと寝顔を見て「前のほうが可愛かったな」とか、内心思ってたりもするわけでヒドイもんです。

 

やっぱりね・・・。

幸せ太りって存在するよね。

相手はもちろん自分も太ってて、お互い幸せという名の脂肪を蓄え、過去のツーショット写真を見ては何とも言えない気分になる(笑)

 

でもそんなの嫌じゃないですか?

ずっとお互いドキドキしてたいじゃん。

出逢ったころのように、理想の体型・関係を築いていけるよう、幸せ太りの原因と解消方法を解説していきます。

幸せ太りする原因

同棲太りする原因
  • 共有し過ぎる
  • 当たり前になる

過去に、同棲→デブ→ダイエットというサイクルを繰り返し分かったのは、共有と満足が幸せ太りの原因だということ。

「いやいや太るのは自己責任でしょ」っていうツッコミはあると思うけど、確かに同棲は肥満の確率が上がるんですよね。

共有し過ぎる

まず既出の通り、美味しいものって他人に勧めたくなるじゃないですか。

「これ美味しいよ!」って勧めて喜んでくれると、もっとシェアしたくなる。

それが恋人なら尚更で、喜ぶ顔が見たくてつい余計に食べさせてしまう。

全てにおいて共有し過ぎなんですよね。

勧められる側もなぜか断らないし(笑)

そして共有っていうのは食べ物だけじゃなく、時間や生活リズムにも同じことが言えると思うんですよね。

同棲開始→彼との夕飯を作る→彼の帰宅が遅い→夜遅くに二人で食べる→そしてすぐに寝る→結果太る。

職場恋愛→同棲開始→帰宅時間が同じ→面倒だから外食でラーメン→コンビニでアイス→結果太る。

常に何をするにも二人で一緒。

そりゃ太りますよ(実体験です)

 

当たり前になる

そしてもう一つの原因が、全てにおいて当たり前になることです。

離れて暮らしてたころは「毎日一緒に居たい」と思ってたのに、今の生活がいつの間にか普通になってきます。

一緒に居るのが当たり前。

一緒に食べるのが当たり前。

お互い太ってしまうのも当たり前。

そして「○○だから仕方ない」と決めつけ肯定する。ここまでくると幸せ太り一直線。

「じゃあどうすれば幸せ太りしないのか?」ってことで解消法を解説していきますね。

 

幸せ太りを解消する方法

幸せ太りを解消する方法
  • 何でも共有しない
  • 油断しない

原因が分かれば、それをしなければいいだけなので、上記のことを意識していけばOKです。

経験上、これを意識するだけでもダイエットになるし、前もって幸せ太りを防げます。

何でも共有しない

食事はもちろん、生活リズムや一緒にいる時間など、二人で共有する機会を減らしていくと良いです。

相手に合わせないこと。

自分のペースを守ること。

コレはすごく大事で、というか関係性にもよるけど、何するにも一緒ってキツイですよね。

外食に誘われても「別にお腹すいてないな」と感じていたら、自分は軽食で済ませるとか。

「お互い太ってきたな」と感じたら、自分だけジムに行ったり野菜中心の食事にするとか。

「同棲していても行動は別」という関係性を築くことができれば、幸せ太りは回避できます。

 

油断しない

特に男性(俺が男だから言うけど)

「こいつはずっと俺の女だから」とか、もし1ナノミクロンでも思ってたらすぐに改めるべきです。

”釣った魚にエサあげない”みたいな対応してたら、フラれてたとか本当にあるから(経験者は語る)

つまり油断するなって話。

もっと敏感になりましょう。

いきなり彼女が運動を始めたとか、糖質制限しだしたとか、そういう変化に気づけるか。

服装の趣味が変わったとか、メイクがいつもと違うとか、言葉遣いや普段の仕草など。

細かい変化を見逃さず、お互いが自分を磨く努力をしていくことが、幸せ太りの対策になります。

 

結論:「今が当たり前」と思わなければ幸せ太りしない

「太ったらフラれるかもしれない」

「幸せなのは今だけかもしれない」

といった危機感を自分で持つことができれば、幸せ太りと無縁の同棲生活を送れます。

 

相手も太ってるから「まいっか」じゃダメ。

相手に痩せて欲しければ自分も努力する。

一緒に暮らしているという安心感や、愛されているという慢心を取っ払ってみること。

精神論っぽくなりますけど、ぶっちゃげ最終的には意識の問題なので頑張ってください。

 

それではまた!









シェアはこちらからお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です