うつ病の彼女を笑顔にしたくて実践したこと5選




この記事では、うつ病に悩むパートナーを抱えている方に向けて、たいせつな人を笑顔にする方法を紹介します。

 

パートナーがうつ病にかかってしまった場合、相手に何をどうしてあげればいいのかよく分かりませんよね。

無理もないです。なぜなら自分が抱える問題ではないので、そう簡単に理解なんてできるわけがありません。

 

僕も彼女がうつ病を発症して2か月が経ちますが、未だに最適なうつ病対策というのは分かっていません。

 

しかし、分からないことが多くてもパートナーと笑顔でいれる時間を増やすことは絶対に可能だと言えます。

なぜなら、パートナーと笑顔でいられる時間を増やすには多くのことを共有すればいいだけ、だからです。

 

今回は僕が彼女を笑顔にしたくて実践してきたことを紹介しますので参考にしてみてくださいね!

笑顔に効果的だったこと5選

食生活を改善する

まずは一つ目ですが、毎日の食生活を改善することから始めてみましょう。

とは言っても「ダイエットに挑戦しよう!」といった話ではありませんよ?

あなたのパートナーの「日々の食生活を見直しましょう」ということです。

 

ちなみに僕の場合は、彼女にたくさんの野菜やフルーツ食べさせることにしました。

 

うつ病を発症するまでの彼女との食生活は、弁当やコンビニの冷凍食品など、健康を無視した食生活になっていましたが

根本的な食生活を見直すことで、彼女の体調はもちろん、顔色や肌のハリも自然と良くなっていったんですよね。

 

意識していても定期的に野菜やフルーツを取るのは大変なので、野菜ジュースなど飲み物にするのが良いです。

僕の場合は、あらかじめ数種類の野菜やフルーツを小分けにしヨーグルトとミキサーにかけてスムージーにしています。

 

これだと簡単で手間もかかりませんし、おなかにも溜まるのでダイエット効果にも期待が持てますよ(たぶん笑)

色とりどりの野菜やフルーツのパワーで、まずは内側(健康面)からパートナーのうつ病を支えてあげましょう!

 

一日の区切りにコーヒーを飲む

毎日2~3杯のコーヒーを飲む習慣がある人は、自殺のリスクが50%減少する。

ハーバード大学公衆衛生大学院

コーヒーが好きな人は、習慣化して飲んでみてください。

僕も彼女と毎晩アイスコーヒーを飲むようにしています。

 

一般的に夜にコーヒーを飲むことは良くないとされていますが、うつ病に限って言えばメリットもあります。

それはカフェインに含まれる成分が、うつ病に悩んでる心を前向きにしてくれる可能性があるからです。

 

もちろん過剰な摂取は禁物ですが、カフェインがもたらす覚醒作用やリラックス効果は経験上うつ病には効果的です。

コーヒー片手にくつろぎながら、たまにはゆっくりとパートナーの話(言葉)を聞いてあげてくださいね。

 

一緒にお風呂に入る

パートナーと一緒にお風呂に入る。

これは本当に効果的です。

 

シャワーで済ませずたっぷりとお湯を貯めて、二人で疲れを取ることを心がけてください。

なぜ一緒に入るのかというと、裸で向き合うと普段はできない会話が生まれるからです(これはマジメに)

僕も「週に一度は二人でお風呂に入る」というルールを設けていますが、これはホントに大正解でした。

 

お風呂という個室の空間は距離を縮めてくれます。

距離が縮まるとパートナーは心を開いてくれます。

ちょっとした工夫が笑顔を生み出してくれるんです。

 

入浴剤やバスボムなどの香りは、精神的にもリラックスできるようなので、パートナーが女性の場合はお勧めですよ。

created by Rinker
ラッシュジャパン
¥1,499 (2018/12/13 13:20:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

マッサージをする

お風呂にも同じことが言えますが、体が触れ合う機会を持つと彼女が笑顔になる時間が増えました。

お風呂あがりや寝る前のマッサージ効果は本当に抜群で、てもみんをしてあげると予想以上に喜んでくれています。

これは彼女の言葉ですが、マッサージを含めて体が触れあうと「自分は必要とされている」と感じられるそうです。

調子に乗って体をくすぐってみたところ、危うくビンタを食らうところでしたが、ひとまず良い傾向です(笑)

 

会話もたいせつですが、直接的なコミュニケーションも効果があるので参考にして下さいね!

 

非現実的な世界を実感させる

パートナーのうつ病を治してあげるためには、非現実的な世界を実感させることも重要です。

仕事やプライベート、人間関係といった悩みを忘れさせて、新しい世界を一緒に体感してみましょう。

 

特別なことは必要ありません

非日常的なことなら何でもいいんです。

都会に住んでいる人なら遠出して自然と触れるのも良いですし、少し贅沢をして外食してみるのも良いかもしれません。

 

ちなみに僕の場合は、世の中のぶっ飛んでいる人や外国のタレントさんが出演している番組を二人でよく見ています。

特に「クレイジージャーニー」や「世界くらべてみたら」は新しい発見もあり、うつ病対策に欠かせない番組です(笑)

created by Rinker
R
¥2,291 (2018/12/13 13:20:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

自分たちにとって非日常的なこと。

そして非現実的なこと。

それらを一緒に見たり聞いたり、触れたり味わってみることが大事です。

些細なことでもいいんです。そのくり返しが必ずパートナーの笑顔に繋がります。

 

共有することで笑顔は増やせる

今回はうつ病に悩むパートナーを抱えている方に向けて、パートナーを笑顔にするための方法を紹介してきました。

 

どうすれば彼女のうつ病は治るのか?

何をしてあげれば彼女は笑顔になれるのか?

 

それは簡単に見つからないかもしれません。

だけど焦る必要もありません。

 

なぜなら僕がこの記事でいちばん伝えいたいことは、共有できるものが増えればパートナーの笑顔は増やせるからです。

 

僕が野菜スムージーを準備するのは、彼女と準備して一緒に味わうためでした。

バスボムや入浴剤を購入する理由は、彼女との入浴を一緒に楽しむためでした。

マッサージだってそう、コーヒーを淹れるのもそう、全ては彼女と一緒に共有できることを増やすためなんです。

まだ完全にうつ病の症状が治ったとは言い切れない状況ですが、それでも笑い合える時間は確実に増えています。

 

あなたも自分のたいせつなパートナーと共有できること増やしてください。

そして、二人で少しずつ精神的な豊かさを手にできることを心から願っています。

 

それではアリーヴェデルチ!









シェアはこちらからお願いします