フォロワー1000人を達成したのでツイッターでフォローされるために意識していることをまとめておく




ツイッターのフォロワーが1000人を越えました。

山あり谷ありで、かれこれ1年くらい掛かかりました。

 

アカウントを作成した当初は、こんなにたくさんの方にフォローされるとは、夢にも思っていませんでしたが

改めて振り返ってみると、程よくマイペースで発信を楽しんできた結果の賜物かな、と自分では思っています。

 

特に数に固執してきたわけでもありませんが、もし感想を問われるとしたら「僕でも1000人行くんだな」という心境です。

 

フォロワーが50人を越えてきた頃、ツイッターの使い方もよく分からない中で、こんなツイートを偶然目にしたこともあり

もしかすると「フォロワー1000人」という数字は、どこか自分の中では、漠然とした目標の一つであったかもしれません。

 

この数字が多いのか少ないのかは、人によって意見が分かれるかと思いますが、今回は「フォロワーが増えない」と悩んでいる方へ

ツイッターでフォローされるために、僕が意識してきたことをまとめています(インフルエンサーの人はスルーして下さい)

 

フォロワー〇〇万人を目指している方に向けた内容ではありません(そんな方法は知りませんし)

1日1人でも増やしたい方へ向けた内容なので、そんな方に参考にしていただければと思います。

フォロワーを増やすために意識していたこと

フォローは10分の1以下にする

アカウントを作成したころから、自分がフォローされている数に対してフォローする数をできるだけ増やさないようにしています。

 

ツイッターはフォロワーよりもフォローの数の方が大事だと僕は考えていて、僕自身が他人のフォロー人数をチェックする癖があり

「もしかすると他の人も僕のフォローしている人数を見ている人のでは?」という考えがあったので、結果的にこの意識が生まれました。

 

言うまでもありませんが、影響力がある人ほど分母(フォロー)に対して分子(フォロー)が多く、アクティビティ(リツイートやいいねの数)の反応が多いですよね。

もちろん僕は一般人なので比較になりませんが、ツイッター上で影響力がある人はその傾向があるので、自分のフォローしている人数は細かくチェックするようにしています。

 

つまり見せ方の問題なんです。

僕自身、ツイッターを始めた時「自分みたいな一般人がフォロワーを増やすためには何が必要なんだろうか?」と考えていた時期があり

自分がフォロワーを増やす上で「フォロワーの数よりフォローの数が多いな」と思われることは、避けたいと考えていました。

 

つまりツイッターを始めた頃から「パッと見の印象をいかに少しでも良く見せるか?」ということを意識していたと言えます。

 

実際に分析したわけではありませんが、1日1人でもフォロワーを増やしたい人は、多少は効果的かと思います。

他にもフォロー数を減らすということは、ツイッターを続けるためにも重要なことですしね(長くなるので割愛します)

 

リツイートするものを選ぶ

顔が見えないツイッター(インターネット上)だからこそ、どんな発信をリツイートするかは重要だと考えています。

 

正直なところ、何でもかんでもリツイートをしているアカウントを見かけると、その人の「像(イメージ)」がボヤけて見えるんですよね。

僕の場合「この人何がしたいのかな?」と思ってしまうことから、自分のイメージを曖昧にされないためにもリツイートするものは選んでいます。

 

僕がリツイートするものをまとめておきます。

リツイートリスト

1.本質的で的を得ているツイート

2.思いが込められているツイート

3.緊急性のあるツイート

4.自分のジャンルに関するツイート

 

1はそのままですね。思わず「うんうん」と共感できるものは、自分の思考を共有するためにリツイートしますし

2に関しては「その人の思い」が感じられると感情が揺さぶられるので、ついついリツイートしてしまいます。

3に関しては「人を探しています」とか「災害のため拡散願います」とかです。発信者として心掛けも含めて。

4はブログに関することで、自分だけでなくブログ界が盛り上がればと考え、微力ながら日々意識しています。

 

素性の分からない(イメージの湧かない)人をフォローしたいとは思いませんよね?(少なくとも僕はそうです)

 

「自分はこういうことに興味があるんだ」

「自分はこういう考えを持っているんだ」

 

それは何も自分のツイートだけでなく、たった一つのリツイートでも見ている人は敏感に感じ取っているんですよね。

なので、自分がどういう人間なのかイメージしてもらうためにも「何をリツイートするか?」はいつも意識しています。

 

むやみに引用ツイートをしない

これはリツイートにも共通することですが、結論から言えば「他人に乗っかり過ぎない」ように心がけています。

色々と理由はあるのですが、いちばん大切にしていることとして、それは自分が発信者でありたいと思ったからです。

 

人と向き合うことは確かに大切。ですがツイッターをするのなら徹底的に自分と向き合い、発信者で在ることた重要だと考えています。

経験上、人の発信する情報に乗っかっているばかりだと時間がいくらあっても足りないし、何も得られないままですしね。

 

もちろんツイッターをする理由は人それぞれなので、細かいところまで僕があれこれと言う必要もないのですが

フォロワーを増やすという点で言えば、人の情報に左右され自分の時間を消費している内は、なかなか難しいと思います。

 

方向性を明確にしメリットを与える

ツイッターで何を発信するか?まずはその方向性を自分の中で明確にすることから始めてみてください。

そしてその方向性に沿った発信を徹底することができれば、そのジャンルのフォロワーが自然と増えていきます。

 

ちなみに僕の場合はブログに関するツイートをよくするので、フォロワーの大半はブロガーさんが占めています。

なので、ブログに対する自分の考えや経験をツイートすると良いアクティビティをいただける傾向にあります。

 

また他にも「30代に向けた発信」を一つのテーマにしているため、そこを意識したツイートを心がけているのですが

日常の何気ない会話をツイートにまとめることで反応を得られ、結果的にフォロワーの増加につながることもあります。

 

アカウントの方向性が明確になれば、あとは自分のツイートを見てくれた人にメリットを与えるツイートをすることで、自然とフォロワーは増えていきます。

 

ちなみに「メリットを与えるツイートって何なの?」と疑問を感じる人は、元銀行員ブロガーRyohei(@ryoheifree)さんの記事をぜひ参考にして下さい。

 

いいことをツイートしてみようとする

これは冗談でもなんでもなく「いいことをツイートしてみよう」とする姿勢は、とても大切だと考えています。

 

そもそも僕はバンド活動をしていた経験があり、作詞作曲を担当してきたこともあってか、極度の「イイこと言いたい症候群」です。

なので「今日は仕事が疲れた」といった日常的なツイートをする発想自体がありませんでした(誰も興味ないと思いますし)

 

いいことをツイートするのは難しいのですが、イメージとしては「自分の心の声を引っ張りだす」ように心がけています(分かりづらいですね笑)

ツイートする時に心がけていること

1.思いを込める

2.伝えたいことを頭に持ってくる

3.ですます調と体言止めを混ぜる

4.同じことを繰り返す

5.自分にツイートする

 

他にも漢字や改行などの小手先のテクニックも意識していますが、最も意識していることは「思いを込める」ことです。

言い換えるなら「未来の自分が今の自分のツイートを見たときに前向きになれるツイート」をするように心がけています。

 

逆に注意していることは「名言にしようとしない」こと。

名言は好きです。

でも名言を言おうとする人は嫌いです。

森田一義

 

カッコつけず

見栄を張らず

たとえネット上であっても、自分の思いを込めた発信をすることができれば、きっと目にしてくれた人には響くと信じています。

 

 

140文字フルでツイートする

良い反応を得ながら一定のフォロワー数を増やし続けるためには、るってぃ(@rutty07z)さんの、この言葉に全てが集約されています。

 

僕も何かをツイートする際には、可能な限り140文字フルでツイートすることを心がけています。

手を抜いたツイート、文字数の少ないツイートもありますが、その発信は必ず良い反応がありません。

 

「140文字」と聞くと大変なように思えるかもしれませんが、何も140文字全てを文字で埋める必要はなく

句読点でリズムをつけることも、改行して見栄え良くすることも、140文字フルで表現するための工夫の一つです。

 

たった一つのツイートでも、目を止めてくれた(読んでくれた)人のことを考えたツイートをすることができれば、少しずつでも確実にフォロワーは増えます。

 

直感的に違うと感じたら削除する

良い発信を心がけていたとしても、時には上手くツイートできなかったり、投稿して違和感を感じることもありますよね。

なので、僕は自分が過去にツイートしたものは定期的に見直し、直感的に「これは違うかな」と感じたものは削除しています。

 

削除する理由は、たとえそのツイートが価値やメリットがあるものだったとしても、自分が納得できていなければ意味がないからです。

 

定期的に過去のツイートを見直すことで「この発信は誰も得しないだろうな」と感じることができれば

それは発信者として成長している証ですし、自分に興味を持ってくれる人が増えるキッカケにもなります。

 

自分の中で直感的に「このツイートはダメだ」と感じた場合、その直感は必ず当たっているので、あなたのタイムラインを充実させるためにも心がけてみて下さい。

 

フォロワーを増やす目的を考えよう

最近、ドキュメンタリー番組や雑誌なんかを見ていると「今の学生はお金よりもフォロワーを欲しがっている」と、よく目にします。

確かに自分のファンが増えることは大切なことかもしれませんし、それを推奨するビジネス書などもたくさん書店に並んでいます。

 

しかしフォロワーを増やすということは、それほど大事なことなのでしょうか?

 

ヒトデ(@hitodeblog)さんも言及されていますが「本当はフォロワーを増やす目的が大事なことではないか?」と僕も常に考えています。

 

ちなみに僕がツイッターを始めた理由は、フォロワーを増やす以前の問題で「自分のやりたいことを探すため」でした。

(決してフォロワーが欲しかったわけでもなければ、有名になって影響力を持ちたかったからでもありません)

 

これからの自分の人生をどうしていくのか?

より良い人生を送るためには何が必要なのか?

ただそれを探すためだけにツイッターを始めました。

 

なので1000人という数字に対して感謝の思いはありますが「僕でも1000人行くんだ」というのが本当に正直な思いです。

 

きっと、影響力を持つ人の共通点は「自分のことに集中している」から、多くの人にフォローされるんですよね。

つまり「フォローされるためには自分のことに夢中になる」ことが、いちばんの近道のように思えてなりません。

 

KAZUYOSHI IIJIMA OFFICIAL BLOG

【参考記事】今、やりたいことが見つからない人へ

 

まとめ

今回は、僕がツイッターでフォローされるために意識していることを7つに分けて紹介してきました。

「なかなかフォロワーが増えない」と考えている方は、何かしら参考にしていただければ幸いです。

 

僕がツイッターでフォローされるために意識していること

1.フォローは10分の1以下にする

2.リツイートするものを選ぶ

3.むやみに引用ツイートしない

4.方向性を明確にしメリットを与える

5.いいことをツイートしてみようとする

6.140文字フルでツイートする

7.直感的に違うと感じたら削除する

 

そしてこの場をお借りして、ツイッターで気軽に僕と絡んでくれている方、いつも本当にありがとうございます。

これからも有益な発信を心がけていくつもりですので、より血の通った熱い交流を続けていければ嬉しく思います。

 

それではアリーヴェデルチ!









シェアはこちらからお願いします