5分で効果あり!中国2000年の究極奥義!かっさマッサージで小顔をゲットしよう!




今回は世界でも類を見ない最古の美容法?

中国の究極奥義かっさについて紹介します。

 

僕自身ダイエットを開始した当初、まず痩せるとしたら「最初は顔からだろう」とカンタンに考えていました。

 

※ダイエット前の写真(醜くてすいません笑)

食事改善した。

たくさん運動もした。

そして体重は減った・・・。

 

だけど!

ウケちゃん
顔がまったく痩せない(泣)

 

5キロ痩せても顔の肉は落ちず。

何とか顔を小さくしたい。

あご周りをシャープにしたい。

 

そんな思いで顔のマッサージに挑戦してみたんですが、困ったことに手がめちゃくちゃ痛いんですよね(;’∀’)

親指のつけ根は痛くなるわ、腕が疲れ次の日に筋肉痛になるわ、数分とやってられず、すぐに諦めてしまいました(笑)

 

そこで出会ったのが今回の「かっさ」だったんですが、控えめに言っても効果は絶大でした(中国の歴史ハンパないです)

かっさの効果と感想

物は試しにということで100円均一(Seria)のかっさを購入することにしました。

率直な感想は「痛いけどすっごい気持ち良くて何かクセになる」という感じ。

そして手が疲れないので、5分以上でもずっとマッサージすることができますね。

 

1週間・・・2週間・・・と、最初はその効果を疑っていましたが、時間が経つにつれて中国のすごさを見せつけられます。

 

※写真は使用後ひと月ほど。

 

真正面だとこんな感じです。

実際に使ってみると分かるんですが、最初は顔からゴリゴリと音が鳴っているのが分かるくらいでしたが

そのゴリゴリがグリグリ、グリグリがグググと変化して、スムーズにマッサージできるようになりました。

今はかなり顔が細くなり、むしろかっさが骨に触れる感じで痛いので、週に1~2回くらいしか使っていません。

 

また忘れちゃいけないのが口内です。

それまでは口の中がパンパンで、食事のときに唇の裏や頬の中を噛んでいたのですが、それも無くなりました(笑)

かっさの効果と感想まとめ
  1. 最初は痛い
  2. 徐々に気持ち良くなる
  3. 変化に1ヶ月はかかる
  4. 毎日なしなくてよい

 

かっさとは?

 

日本かっさ協会によると、かっさは2500年ほど前から中国で行われていた民間療法だそうですが

日本だと弥生時代すら始まってないので、もうどんだけ中国の美意識高いんだよって感じです(笑)

 

今更ですが、かっさは顔の血流を良くし老廃物を外に出すことで顔痩せ効果を得られる美容法です。

 

よくよく考えると当たり前なんですが、人間の体で最も動くパーツって表情が変わる顔なんですよね。

変化が分かりやすく(肥満が目立つ)、疲れが溜まりやすいパーツなので、毎日のケアが大切です。

 

効果としては、顔全体が細くなるのはもちろんですが、肩こりが良くなったのにはびっくりしました。

「冷え性が治った!」という声もあるようなので、女性には必須の美容法と言えるかもしれませんね。

 

天然石やステンレス製、また陶器や牛の角など色々な種類があるので、自分の顔に合ったものを選びましょう。

created by Rinker
コジット
¥1,054 (2018/12/13 10:19:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

使い方

既出の通りですが僕は、かっさマッサージを週に1~2度、入浴前と入浴後に行っています。

まず入浴前はコールドクリームで顔全体を軽くマッサージし、顔全体がポカポカしてきたら、かっさマッサージをします。

 

クリームはいくつか試しましたが、POND’Sのコールドクリームが1番効果が良かったです。

写真では分かりにくいですが、量もたっぷりでノビもよく効率的にマッサージができると思います。

これ1つで「メイク落とし→マッサージ→スキンケア」と3つの工程をカバーしてくれるので

女性はもちろん、スキンケアが面倒な人や時間短縮したい男性にもお勧めです。

created by Rinker
POND'S(ポンズ)
¥812 (2018/12/13 10:19:16時点 Amazon調べ-詳細)

 

クリームを塗った後は

まず頬が少しめり込むくらいの力で

口元からこめかみに向けてグリグリします。

 

そしてかっさのヘリの部分を使って

 

これもあごから耳元にかけてグリグリします。

この時に気をつけているのは、あごから耳の間を往復させずに、あごから耳あごから耳と持ち上げるように何度も行います。

写真だと頬にめり込んでいますが、実際はクリームを塗っているので、力を込めなくてもスムーズに頬が持ち上がります。

 

そして最後に、耳元に溜まりきった老廃物と顔の脂肪を、鎖骨に全て流していくイメージでフィニッシュです。

「時間や回数はどれくらいすればいいの?」という疑問があるかもしれませんが、それぞれ10回ずつじっくり行っています。

時間にして5分くらいですが、大事なのは回数でなく顔の脂肪がほぐすことなので、量より質にこだわってトライして下さい。

 

ポイントは鏡を見ること。鏡を見ながらするのとしないのでは結果が大きく変わってきます。

「肉持ち上がれ~老廃物流れろ~」とイメージしながらマッサージすると効果的ですよ!

 

またマッサージの前に、暖かいお湯を一杯飲んでやると、老廃物が出やすいのでお勧めです^^

 

使用上の注意

清潔にして使う

基本的なことですが、使用後はほったらかしにせず、特に使用前は必ず清潔にして使ってください。

僕はこのブログで美肌になるための記事も書いていますが、恥ずかしながら完全に油断してました。

 

清潔にしなかった結果

(醜い画像ですいません)

見ていただくと分かる通り、かっさで脂肪が持ち上がるあごの下のラインが、完全に肌荒れしてしまいました(;’∀’)

脂肪が落ちたとしても、肌が荒れてしまうと元も子もないので、男性女性に関わらず反面教師にしてください(笑)

 

必ずクリームを使う

何も手入れをせず、ダイレクトにかっさマッサージをすると肌を傷つけるので、必ずクリームを使いましょう。

入浴前はコールドクリームを使用していますが、個人的には入浴後はアプリコットオイルを好んで使っています。

アプリコットオイルを使う理由は、かっさマッサージのためというよりも、洗顔と補水後の保湿のために使っています。

 

入浴中も効果的と言われていますが、もしやってみようと考えている方は洗顔前をお勧めします。

洗顔後にすると、顔がキレイになることで肌がスベらなくなるし、痛いので気をつけてください。

 

力を入れ過ぎない

体なら服で隠しようはありますが、顔は隠せないので力を入れずにマッサージをしましょう。

「かっさ痕」と調べると痛々しい画像が出てくるので、もし興味がある人は調べてください。

 

また下記に該当する方も気をつけてください。

かっさを控えた方が良い人
  1. 妊娠中の方
  2. 皮膚病や心臓疾患がある方
  3. 皮下出血しやすい方
  4. 子供や年配の方

 

毎日しない

経験上はたった5分でも、しっかりと質にこだわってマッサージできれば、1週間に1~2回で充分効果は出ます。

寝る前や寝起きにする方もいるようですが、特に寝起きは肌が生まれ変わった後なので、あまりお勧めしません。

 

くり返しますが大事なのは回数じゃないです。

 

鏡を見ながら「細くなれ~シャープになれ~」と問いかけながら、優しくじっくりとマッサージしてあげることです。

施術後、数か月後、自分の理想をイメージしながらマッサージしてあげれば、きっとあなたの体は応えてくれますよ^^

 

まとめ

今回は中国最古の美容法、究極奥義かっさマッサージについて紹介してきました。

顔が太ると辛いですよね(僕も顔デブだったころはマスクで隠して歩いてました笑)

 

僕の場合、確かに体重が落ちたのもありますが、やっぱり決め手になったのは今回のかっさでしたし

しっかり手入れをしマッサージすることで、顔痩せ以外に他の効果を得られたのも大きな発見でした。

 

もちろん美容法はその人によって合う合わないがあるので、今回の内容にこだわり過ぎるのは禁物ですが

「色んなものを試したけど効果なかった」という方は、今回のかっさを活用してみてはどうでしょうか?

 

それではアリーヴデルチ!!









シェアはこちらからお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です