禁煙初日は辛い│吸いたい時間は15秒らしいので置き換えてみると効果があった




昨日から禁煙を始めました。

特に理由はありません。

完全に見切り発車です。

 

禁煙初日って辛いですよね~。

ウケちゃん
特に朝!

今までは「さて一服するか」っていう寝起きの1本が1日のスタートの合図だったわけで

ひとまず、禁煙=それまでの自分の習慣と向き合うってことなんだと痛感しています。

 

初日の症状とか乗り越えた方法を紹介するので「禁煙初日が不安だ」っていう人に読んでもらえると嬉しいです。

初日の症状

仕事が休みだったこともあり、嫌でもタバコと向き合わざるを得ない瞬間がたくさんありました。

 

僕の場合は、手が震える禁断症状とかイライラみたいなのは無かったんですけど

「この時間は何をしたらいいの?」って5分間(瞬間)がたくさんあって

ただ遠くを見つめるっていう謎の時間に度々襲われました(正に無の境地ですね)

 

やっぱり習慣なんですよ。

暇ができた→タバコに火をつける。

ウケちゃん
ふぅ~~~

みたいな。

 

そんな生活をもう10数年もやってきたわけだから、もう「吸いたい」どうのこうのじゃなくてルーティン。

特に食後とか寝起きとか。習慣化されてる一服タイムをどう乗り越えるかが重要だなぁと痛感した初日です。

 

初日の辛さを乗り越える方法

僕が聞いたのはタバコを吸いたいって欲望は15秒続かないって聞いたんですよ。

森田一義(タモリさん)

「じゃあどうやって吸いたい欲望に勝つの?」っていう話ですが、僕は置き換えで初日を乗りきりました。

もともとはダイエットついでに始めた禁煙なので、吸いたくなったら筋トレしたりストレッチしたりって感じです。

 

吸いたくなったら15秒数えてみる。

吸いたくなったら他のことをする。

すると吸いたい気持ち消えていく。

意外とアナログな方法だけど、初日をどう乗り切ったらいいか分からない人は、参考にするといいかもです。

 

まとめ

とにかく禁煙初日は、1日に何度か訪れる5分の空白をどうやって埋めるか?

自分の習慣になっていた喫煙タイムをどう乗り越えるかがポイントだと思います。

 

まだ初日なので、体の変化とか違和感みたいなものは感じていません。

でもこの先は吸いたい欲求が来るだろうから、その時はまた別の方法で乗り越えよって感じ。

 

それではまた!

アリーヴデルチ!









シェアはこちらからお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です