味覚の変化に気づいている?ダイエットを成功へと導く3つの味わい方




やった!1キロ体重が減った!

ウエストが5センチ細くなった!

ダイエットをしていると、つい目の前の数字や外面の変化だけに注目しがちですが

味覚の変化に気づくことができれば、今以上にダイエットを楽しむことができます。

 

僕自身もダイエットを始めて、マイナス8キロを超えるあたりから味覚が変わり出しました(急にやってくるんですw)

今では「これから自分の味覚はどう変化していくのか?」という別の楽しみもあり、よりダイエットが捗っています。

 

あなたは自分の味覚の変化に気づいてますか?

味覚の変化はダイエット成功への近道ですよ。

 

既に気づいている人はもちろん、これまで気にしてこなかった人も、今回を機に自身のダイエット力を高めましょう!

僕が味覚の変化を感じた食材

豆腐

ダイエットを始めて1ケ月半くらい経った頃。

僕がまず味覚の変化を感じたのが豆腐でした。

 

いつものランニングを終えてシャワーを浴び、醤油を準備する気力がなかった僕は、そのまま豆腐を口にしました。

すると不思議なことにチーズの味がするんですよ。食感は豆腐なのに味は明らかにチーズで脳が混乱してました(笑)

 

福岡人の僕は、豆腐を食べる時はいつも甘い九州醤油(糸島産)やポン酢などでいただくのですが

ダイエットで味覚が変わったことで、大豆本来のナチュラルな甘みを感じられるようになっています。

※写真はダイエットメニューの豆腐ハンバーグ

「畑の牛肉」と言われるだけあって、ダイエットに豆腐(大豆)は欠かせない食品ですが

加工次第では本当に肉のように感じられますし、味覚の変化を感じたい方にはお勧めです。

 

お米

体重を落とすためには、いかに少ない量で満足できるかが重要で、僕はお米をいちばん最後に食べるようにしています。

僕の食べる順番
  1. 水(常温で200ml)
  2. 野菜
  3. スープ(温めのもの)
  4. 肉や魚
  5. お米(100g程度)

その時のお腹の調子によって、スープや味噌汁の順番が変わることもありますが、基本的にはお米は最後です。

 

運動をして体重が減ってくると分かりますが、食事は徐々に少量でも満足できるようになり

それまでは何も感じなかったお米が甘く感じるようになります(僕の場合は数回噛めば甘みを感じます)

 

食後に甘いもの(デザート)を食べたくなることってありますよね?

僕の場合は味覚が変わったことで、お米がその役割を担ってくれています。

 

 

お肉

ダイエットは今も継続しているので、基本的に鶏肉メインの肉食生活を送っていますが

週に一度だけ食べる豚肉は、それまでは感じなかった脂の甘みを感じるようになりました。

 

なぜ甘みを感じるようになったのかは分かりませんが、太る前と比べて変わったのは肉を噛む時の唾液の量です。

脳や口の中が「おいしい」と感じるのか、これも少量(2〜3きれ程度)で満足を感じるようになったんですよね。

 

また牛肉に関しては、体が血を取り込んでいるような感覚があり、豚肉とは違った味覚の変化を感じました。

太っていたころよりも体が血を求めるような、肉が「もっと運動しろ!」と言ってくるような感覚がありましたね(笑)

野菜

僕はそもそも野菜をあまり食べない方だったんですが、ダイエットを始めて野菜のおいしさに目覚めました。

子供のころ苦手だったタマネギが食べれるようになり、ゴボウやニンジンといった根菜も毎日食べています。

 

その結果、便通がよくなり体の重みを全く感じなくなったので

ランニングする時は、永遠に走れるような錯覚に陥っています(笑)

僕がよく食べる野菜はこちら
  1. もやし
  2. ニンジン
  3. ゴボウ
  4. タマネギ
  5. キャベツ
  6. ダイコン
  7. ナス
  8. ピーマン
  9. トマト
  10. ゴーヤ

これらの野菜以外にもキノコや豆乳なども取りますが、太る前と比べて野菜を食べる量が明らかに増えていて

なぜ俺はこんなにおいしい物を今まで食べてこなかったんだ」と、感じるくらい、野菜の味覚も変わりました。

 

野菜だけに限りませんが、ダイエットを始めていちばん味覚変化を感じるのが、とにかく甘みなんですよね。

ジュースを止めて、水分は水かお茶のみにし、運動し汗を流すことで、舌が甘みに対して敏感になります。

 

正直なところ今はお米や肉よりも野菜の方がおいしいと感じる体になってしまいました(笑)

 

味覚の変化に気づく方法

調味料を減らす

味覚の変化を感じるためには、まず調味料を少しずつ減らすことから始めるといいですよ!

ちなみに僕が太っていたころは、濃い味付けが好きでしたが、今は薄味派になりました。

 

ダイエットを始めた当初は濃い味を欲していましたが、そこは彼女のマジックでいつの間にか薄味で満足できるようになっていました。

彼女のマジックとは一体なにか?それは彼女が「気づかないように少しずつ調味料を減らしていた」そうです(笑)

 

彼女が作っているダイエット飯は

下記の記事を参考にしてください^^

 

噛む回数を増やす

噛む回数を増やすと、消化が良くなるのはご存知だと思いますが

経験上、噛む回数を増やすことで味覚の変化も分かるようになると思います。

 

噛むことはメリットだらけです。

 

後述しますが、噛む回数を増やすと素材そのもの味が分かるようになりますし

素材の味が分かることで、少ない量で満足でき結果的に痩せられるんですよね。

 

ちなみに僕は野菜は20~30回ほど噛み、お肉やお米は30~40回ほど噛むようにしています。

自分ではかなりの回数を噛んでいると自負していますが、昔の人と比べればまだまだですね。

 

調べたところによると

昔の人は一度の食事で、3000~4000回は噛んでいたらしいですから(時代にもよる様ですが)

対して現代人は600回程度しか噛まないようなので、太っても仕方ないなと思いますよね(;’∀’)

 

また噛む回数を増やしたことで集中力が増したので、どんなに辛い運動にも耐えられるようになったのも大きいです。

 

味わうことにアンテナを張る

お腹が空いたからご飯を食べる。

だけど太りなくないから量を減らす。

今更ですがこれって当たり前ですよね。

 

でもこれは痩せるためには危険な考え方で

ダイエットを成功させるために食事で最も大切なことは、満足できるかどうかなんですよね。

 

ここ最近「どうしたら痩せられるの?」と聞かれる事が多くなりましたが

「痩せたいならたくさん食べた方が良いよ?」答えるようにしています。

 

しかしこれは正しく言うと

「満足できる食べ方を考えることが大切だよ」という意味なんですよね。

 

運動や食生活を徹底し、体が痩せてくると分かるんですが「もういらない」と感じるまでの期間が短くなるんです(これも味覚の変化です)

 

つまり、お肉やお米の前に食べる野菜で満足できるようになります。

その内「あれ?お米おいしくない?」と感じる時期が来たりもします。

 

これってよく考えるとすごいんですよね・・・「なぜかって?」だってこれ低糖質ダイエットじゃないですか。

 

流行ってますよね。

低糖質ダイエット

 

でも違うんですよ。

痩せるために低糖質ダイエットをするんじゃなくて、満足できる食べ方ができれば、結果的に低糖質ダイエットになるんですよ。

 

どうすれば味覚が変わるのか?

どうすれば少ない量で満足できるのか?

それが分かれば痩せられると思います。

 

 

味覚が変わればダイエットは成功する!

今回は、あなたのダイエットを成功に導くための、味覚の変化について紹介してきました。

味覚の変化が分かれば、より加速的にダイエットの成功に近づくことは間違いありません。

 

目標によっても変わりますが、少なくても痩せる努力が徹底できれば味覚は変わるはずです。

 

今回の内容があなたのダイエット成功の近道となれば嬉しいです(一緒に目標に向けて頑張りましょう!)

 

それではまた!

アリーヴデルチ!









シェアはこちらからお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です