【夏までに痩せる方法】服装自由の職場で勝ち組になるためのダイエット術




最近暑くなってきたなぁ。

そろそろ衣替えの季節・・・。

服装自由の職場で働いてるけど太りまくったこのカラダ。去年の夏服は着れないだろうな。

とは言え、この腹を露出するのはさすがに恥ずかし過ぎる・・・今年こそ必ず夏までに痩せたい!

そんな思いを胸に奮闘する友人が職場にいるので、今回は夏までに痩せる方法を解説します。

僕自身、約3か月(ジムに通わず自力)で15キロ減量できたので参考になると思います。

 

彼の身長は166㎝で体重は78㎏。

パッと見そこまで太ってないんですよね。

 

だけど数値上は肥満体。

というかデブそのもの。

ウケちゃん
だけどめちゃくちゃイイやつ

 

デスクワーク環境で、周りの救えないレベルのデブを見て危機感を覚えたのが、ダイエットのキッカケみたいですが

彼と同じように「自分も職場で体型を気にせずに夏を送りたい」と考えている方は参考にしてください。

夏までに痩せる方法

  • 食事量を減らす
  • 運動は有酸素メインに

まず彼の場合、身長-体重の数字が90以下という数字から考えると、何をやっても痩せる状態です。

体脂肪も平均を遥かに上回るはずなので、今の生活を改善すれば簡単に数キロは落ちます。

 

じゃあ何をやればいいか?

もうこれは余計なことを考えず、今すぐ食事量を減らして有酸素運動をするだけでOK。

栄養とか基礎代謝とか細かいことは気にせず、まずはこの2つを実践してほしい。

 

食事量を減らす

「お米を食うな」とは言わないけど、カロリー的に3食は止めておいた方がいいです。

「別に食べなくていいかな?」と感じる時間帯は置き換える(1日1食or2食でもOK)

もちろんお酒やお菓子の類はNG。とにかく、糖質・脂質を減らすよう意識してください。

お勧めはソイorカゼインプロテイン。腹持ちも良いし食欲も抑えられるから一石二鳥。

それでも空腹が怖ければ、MCTオイルを混ぜたコーヒーやプロテインを朝飲みましょう(マジお腹減らない)

 

運動は有酸素運動メイン

最初は有酸素運動だけでいいです。

消費カロリーを稼ぎ脂肪を燃やす。

脂肪は運動や空腹時にエネルギーになるから、空腹時に走れば理論上は超痩せます(というか痩せた)

ランニングなら30~40分くらい。

ウォーキングなら1時間を目安に。

それをできれば毎日(週5~6日)。

「え?無理だって?」無理じゃね~よ!やれ!それができないなら「夏までに痩せたい」とか言うな。

ある程度絞れたら筋トレも必要だけど、2~3か月後に着たい服があるなら徹底的にやりましょう。

 

夏までに痩せる計画

3か月間で見たとき、1日100グラム程度、10日で1キロくらい減っていれば順調です(むしろ勝ち組)

確かに1日単位で見ると増減があるので焦りますけど、長期的に見て1か月3キロ減ってれば全然OK。

これから夏までにダイエットをしていく中での計画と対策を、あらかじめ把握しておくといいです。

1か月目

有酸素を頑張れば1か月目が終わるころには、最低でも2~3キロは減っているはず。

成功体験は大事だから、もうこれでもかっていうくらい自分を褒めてあげてほしい。

ただ「水分が減っただけかも」という視点は、始めから持っておいた方がいいです。

体型を変えるダイエット。ゴールはまだまだ先ですし停滞期もやってきます。

ひとまず1か月目は、痩せる云々よりも習慣化することだけを考えて取り組んでください。

 

2か月目

2か月目も基本は今まで通り、食事量を減らし有酸素運動を続ける方向で問題なし。

ただし、身長ー体重の数字が90~100の間なら、変化を加えていく必要があります。

食事は質を重視して、白米から玄米に変えつつタンパク質量を増やす(体重×2グラム)。

噛む回数を意識し、野菜を先に食べ、サプリも摂取(BCAAやマルチビタミン)。

有酸素は強度を意識しつつ、ランニングとダッシュを交互に行うインターバルランニング。

また余裕があればスクワットを中心に、各部位の筋トレも始めておくと尚良しです。

経験上、自重の7~10%程度の体重が減ると停滞期が来るので、ここが勝負時。

詳しくは【ダイエットの停滞期に悩む人へ】対策方法と乗り越え方を解説しますをどうぞ。

 

3か月目

いよいよ夏間近。

最後の追い込み。

体重でいえばマイナス7~10キロくらい。

ここまでくれば体型の変化を実感できているはずなので、運動は全体的に負荷と強度をかけること意識する。

筋トレメインにして、曜日ごとに分けて各部位を鍛えていく(特にスクワットは絶対やった方がいい)

逆に有酸素は減らしてOK。目安としては1回に20~30分で毎日しなくていいかなと思っています。

「いや停滞期終わらないんだよ」っていう人は根本的なところを見直してほしいですね(特に女性)

例えば睡眠不足や塩分過多になってないかや、便がちゃんと出てるか、水は2リットル以上飲んでいるかとか。

生理中のむくみが気になる人は、ビタミン剤で緩和されるかもしれません(代謝を助ける働きがあるため)

逆に男で停滞期っていう人は知らん。努力不足としか言いようがないので頑張れ。

 

ジムやフィットネスは行かなくてOK

ジムやフィットネスに行くべきか?

これは「行きたきゃ行けばいいし行きたくないなら行かなきゃいい」としか言いようがない。

なぜかというと僕自身、今回の内容で20キロ痩せれたし、行こうがどうしようが最終的には自分次第。

 

痩せる人は痩せるしダメな人はダメ。

 

ただ個人的には「自己管理できないデブが律儀にジムに通えるか?」と考えたとき無理だと思ったので行かなかったです。

もちろん「太りまくった自体を人に見られるのが嫌だ」っていう、変なプライドがあったのも事実ですね(笑)

結局は精神論なので、自己分析してお金を払うことでモチベーションが上がるなら、通うのもアリだと思います。

 

部分痩せはできるのか?

「去年は大丈夫だったジーンズが履けない」

「よし部分痩せでウエストを細くしよう!」

女性は特に多いと思いますが、20キロ痩せた経験から断言すると残念ながら「部分痩せなんて存在しない」

もし男なら論外。そんなの甘え以外の何でもないから、ウダウダ言わずに本気でダイエットしよう。

 

死ぬ気でやれば分かるけど、極端な肥満体型は絶対と言っていいほど部分痩せなんて不可能。

人間の体は体重の減少に比例して全体的に痩せていくので、コツコツやるのが1番の近道。

 

ってか部分痩せって不自然ですよね。

お腹は出てるのに腕だけ不自然に筋肉がついてる男より、全体的に絞れてる男の方がいいですよね。

逆もまた然りで、全体的に脂肪がついているのに足だけ痩せてる女性に、男は魅力は感じないです。

 

とは言え、痩せにくい箇所は確かに存在すると思います。

個人的に20キロの体重を落とす中で、年齢的な影響もあるせいか顔は痩せにくかったです。

顔に変化が表れだしたのは、マイナス7〜10キロくらいだったと記憶しています。

 

でも女性は例外もあって「むくみ」ですね。

めちゃくちゃ頑張ってるのに何故か足が痩せないとか、デートや結婚式があるから何としても細くしたいとか。

そういう場合は、エステに通うのも選択肢だと思います(ただし脂肪が減るワケではないので注意を)

 

継続と目的を達成するために重要なこと

どんなに「夏までに痩せる」意思が強くても、どこかで絶対に挫折する瞬間が来る。

なので継続・成功するためには、計画を立てることと体重計に乗らないことが重要です。

 

まず計画を立てる理由は考えないため。

「○○ダイエット」とかテレビや雑誌の情報に振り回されて、やるべきことを見失わないようにするため。

デブは考えたって仕方ない。とにかく考えずに今できることから始めれば、何やったって必ず痩せるから大丈夫。

考えるのは後回し。途中で挫折しなくていいように最初に計画を立てておき、あとはとにかく実行あるのみです。

 

そしてもう一つは体重計に乗らないこと。

理解しておかないといけないのが、減量とダイエットは別物で夏までに痩せるのはダイエットだってことです。

減量目的ならサウナで汗をかけば体重は減る。でも職場で自分の体型を気にせず歩きたいなら話は全く別。

つまりそれはダイエット。

減量とは意味が違います。

だから体重計に乗らないことが重要。大切なのは今と比べて夏の薄着で痩せて見えるかどうかですよね?

服装自由の職場で自信を持って歩くためのダイエット。目的がすり変わらないように気をつけてください。

 

会社の同僚であり友人へ向けた今回の記事でしたが、彼と同様にこれから痩せたい人の参考になれば嬉しい限りです。

 

それではまた!









シェアはこちらからお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です