「派遣だから」とバカにされるあなたへ~辞めたいとは言わせない5つの行動~




正社員にこき使われながら懸命に働いている派遣社員の皆様、いつも本当にご苦労さまです。

 

早速ですが、あなたは今までの経験で「派遣だから」とバカにされ、肩身の狭い思いをしたことはありませんか?

「一生懸命やっているのに・・・」と思いながら正社員に頭を下げ、辛い毎日を送っていることかと思います。

 

ちなみに僕も派遣で働いていた経験があるのですが、営業系の仕事で最初の頃は全く成績が上がらず、正社員にバカにされていたので気持ちがわかります。

 

なぜ派遣はバカにされるのでしょうか?

 

正社員じゃないから?

ウケちゃん
違います

 

仕事ができないから?

ウケちゃん
いいえ?違います

 

環境が悪いから?

ウケちゃん
それも違います

 

派遣社員がバカにされてしまうのは、立場や業務能力や環境といった表面的な理由ではないんですよ。

 

ではバカにされないためにどんなことが必要になるのでしょうか?

それを詳しく解説していくのが、今回の記事の内容となっています。

 

難しいことはありません。

 

ちょっとした意識と行動を変えることができれば、あなたを取り巻く環境は変わり「派遣だから」とバカにされることはなくります。

 

派遣という立場に悩むすべての方へ。

せひおつきあいください。

バカにされない考え方を身につける

まず当然ですが、行動を変えるためには考え方を変える必要があるので、派遣社員のメリットとデメリットを理解し

「自分は何のために派遣社員で働いているのか?」ということを、あなた自身がしっかりと認識しなければなりません。

 

詳しくはこちらをご覧ください

 

上記の記事でも触れていますが、周りの人間に流されて働く環境や正社員の愚を言ったりしていませんか?

「なぜ自分は派遣社員として働いているのか?」に向き合わず、毎日「辞めたい」と口にしていませんか?

 

もしあなたが、一生派遣社員として働くつもりなら今のままで良いのかもしれませんが、多分そうではありませんよね。

 

まず他人や環境のことを口にする前に、行動を変えるための「考え方」を変える努力をしましょう。

「辞めたい」と口にする前に、前向きに働けるようになるために自分と向き合うことから始めましょう。

 

バカにされないための5つの行動

バカにしてくる人を相手にしない

派遣社員という肩書きを背負っていることで世間的にはもちろん、正社員や上司ひいては恋人や身内などにバカにされた経験ってありますよね。

僕も派遣社員として働いた3年間は正社員に相手にされず、身内にも「30歳を越えて派遣なんてあり得ない」と言われたことが何度もあります。

 

しかし相手にしてはいけません。

先述した通り「なぜ自分は派遣社員として働いているのか?」が理解できていれば、たとえ誰かにバカにされたとしても、あなたは気にする必要がないはずです。

 

ちなみに個人的な話となりますが、僕は「自分が本当にやりたいこと」を見つけるために派遣社員で働くことを選びました。

見つかるまでに3年間という長い時間を費やしまたが、自分と向き合ってきた結果このブログを運営したいと思うようになり

それからは派遣社員としての働き方に自身が持てるようになったので、どんな人からバカにされても気にならなくなりました。

 

こちらも合わせてどうぞ!

 

確かに派遣社員という肩書きはバカにされてしまうかもしれません。しかし改めてよく考えてみて下さい。

派遣社員という肩書きは、あなたにとって自分の中の数ある肩書きの内のひとつでしかありませんよね?

 

あなたは昼間に学校で勉強している学生ではありませんか?

それとも仕事と家事を両立しなければならない主婦の方でしょうか?

もしくは兼業で他の職場で働いている社会人の方かもしれませんね。

 

それそれぞれが自分のやりたいことや、やらなければいけないことがあり、派遣社員とは別の顔をもっているでしょう。

 

そう・・・つまり

「派遣社員だから」とバカにしてくるような人を、あなたはいちいち相手にしている時間なんかありませんよね?

繰り返しますが、派遣社員という肩書きはあなたにとって自分の中の肩書きの内のほんの一部でしかないのです。

 

バカにする人を相手にしてはいけません。そんな人間を相手にするよりも自分のことを考えて日々働けばいいんです。

 

程よい人間関係を築く

少し厳しいことを言います。

 

耳の痛い話かもしれませんが、会社は仕事をする場所であって友達に逢いに行く場所ではないんですよね。

「いやいや分かってますよ」と思われるかもしれませんが、これを認識している派遣社員さんは本当に少ない。

 

人っていうのは自分が思っている以上に他人のことをよく見て(観察して)いるんですよ(あなたは気づいてないかもしれませんが)

つまり何が言いたいのかというと、派遣社員がバカにされないためには、程よい人間関係を築いていく必要があるということです。

 

簡単に言えば「あまり必要以上に他人に関わらないようにしましょうね」という話なのですが

感覚としては「一匹オオカミでいるくらいが良いよ?」と言うと分かりやすいかもしれませんね。

 

もしあなたが複数の人間と仲良くしているグループのようなものに属していたとした場合(いわゆる派閥のことです)

それを良しとは思わない正社員や管理者はいるのです(嘘と思うかもしれませんが人間の感情なんてそんなものです)

 

ちなみに僕はというと、実際の仕事場では周りの人間に対して「近寄るなオーラ」を出していました。

とはいっても怒っているフリをするとか、機嫌が悪いアピールをするといった意味ではありませんよ?

「今は自分は仕事に集中しているから特に用事がないんだったら絡んでこないでね?」という感じです。

 

それじゃ空気が悪くなってしまうと思うかもしれませんが、休憩時間や昼休みなどに普通に接すればよいだけの話で

ON・OFFをしっかりと区別すれば、バカにされなくなるのはもちろん、会社にも評価してもらえるようになります。

 

「仕事ができない」とは言わせない

「派遣だから」とバカにされないためには、これからどんな行動を心がけていけばいいのか?

これまで2つの行動を解説してきましたが、この3つ目が必須条件と言えるかもしれませんね。

 

「仕事できない」と言われてしまわないように、仕事は一生懸命がんばりましょう。当たり前ですけどね(;’∀’)

 

一言で派遣と言っても色々な仕事がありますが、「仕事ができる」人間と評価してもらうための考え方は全て一致してます。

 

意識すべきことは2つだけです。

仕事で意識すべきこと

・自分は何をしなければいけないのか?

・会社から求めらる以上の仕事ができているのか?

 

たったこれだけです。

この2つ常に自分に問いかけながら仕事に取り組めれば、どんな仕事でも必ずバカにされなくなります。

 

そもそも派遣社員をバカにする人間には、ある一つの共通点があるんですよ。

それは派遣社員=指示待ち人間」と思っている人が圧倒的に多いことです。

 

なぜ指示待ち人間と思うのか?

少し長くなりますが説明しますね。

 

まず前提として、あなたは派遣会社から派遣されて派遣先の会社に向かい、正社員や管理者に仕事を習いますよね。

つまり相手は「自分が教えてあげてる」と思っているわけです(否定する人もいるでしょうが奥底では思っています)

 

特に新しい職場だと、あなたは分からないことがあるので質問しないといけないことがたくさんありますよね。

そして質問を繰り返していくと教える人間の感情は「教える」が「教えてあげてる」に変わってくるんですよ。

 

あなたは「そんなにたくさん質問していない」と思っていても教える側の人間はあなた以外の人にも教えているので

「教えてあげてる」という思いが、本人も気づかないところで「派遣は聞かないと仕事ができない」となるんですよ。

 

そして最終的に「派遣社員=自主的に仕事ができない(使えない)指示待ち人間」という、ハンコを押されるわけです。

なので「派遣社員は仕事ができない(使えない)」と思われないためには「自主的に仕事をする」ことが大切です。

 

ランチは一人で過ごす

ここらでひと休憩しましょう。

あなたはランチタイムに誰かと昼食を取ったり、時間を一緒に過ごしたりしていませんか?

これは「程よい人間関係を築く」にも同じことが言えますが、ランチは一人で過ごしましょう

 

スーツを着たあの正社員は¥1000もするランチなのに。

自分はラップで丸めたおにぎりに、食べ飽きたカップ麺。

 

いいんですよそれで。

あなたは丸めたおにぎりでいいんです(僕も毎日サランラップにおにぎりをくるみ公園で一人でほおばってました 笑)

 

想像してみてください。

 

一週間に5日働いたとして昼休みが毎日1時間あったとした場合、あなたは週に5時間の自由な時間を得られますよね。

ひと月で計算すると20時間~24時間。そんなにたくさんの時間があったら、あなたは自分のために何ができますか?

 

ちなみに僕はその貴重な時間を使って、当ブログの記事を書いたり、予め準備している本を読んだりしていました。

ブログ記事だと1~2記事、本は月に10冊程度を読んでいました(たまに息抜きに漫画も読んでいましたけど)

 

ことあるごとに派遣社員仲間や正社員に「美味しいランチ食べに行かない?」と何度も誘われていましたが

断り続けた結果、次第に誘われなくなり「あいつは一人で昼ごはんを食べるんだ」と思われるようになりました。

 

でも息抜きと言いましたが、これは派遣社員がバカにされないための、重要な要素のひとつなんですよ。

 

先述した、自主的に仕事をしながらも「自分の時間を大切にする人間」と周囲に思われるようになれば

バカにされないのはもちろん、会社の中でも普通の派遣社員とは一味違う特別な存在になれるんですよ。

 

大切なことは「割り切る」こと。

 

一定の距離を保つことで自分の時間が持てるようになるので、自分の中でスイッチの切り替えができるようになります。

そういった意味でもランチタイムは一人で過ごしてみてください(気分転換になるので外で食事を取るのもお勧めです)

 

残業せずに即退勤する

そして派遣がバカにされないための最後の行動ですが、これからは「残業せずにすぐに退勤」してください。

もしあなたがたくさん給料(時給)が欲しければ話は別ですが、大した理由がなければ残業はしてはいけません。

 

そもそも残業をお願いされるのは何故でしょう?

理由は色々あると思いますが、大きな要因としては会社側が仕事を上手く回せていないからというものがありますね。

 

「人手が足りない」

ウケちゃん
関係ありません

 

「仕事が終わっていない」

ウケちゃん
関係ありません

 

「あなたじゃないといけない」

ウケちゃん
関係ありません

 

会社がどんな理由を突き付けてきて残業を頼んできたとしても、バカにされないためには残業してはいけません

 

よく考えてください。

なぜ会社のために残業をしてまで、あなたの貴重な時間を切り売りしなければならないのでしょうか?

 

一つ譲ると最後です。

また必ず頼まれてしまいます。

足元を見られてはいけません

 

「必要とされていない」と思わない

今回は「派遣だから」とバカにされるあなたへ~使えないとは言わせない5つの行動~と題して

僕が実践している、派遣社員がバカにされないための考え方と5つの行動を詳しくお話してきました。

 

派遣って大変ですよね。

毎日決められた時間に出社し、常に肩身の狭い思いをしながら働かなければなりません。

その上バカにされてしまうとなると、普通は前向きに働くことなんてできないんですよ。

 

でもちょっとしたことなんです。

ちょっとした考え方と行動を変えるだけで、派遣社員だからといってバカにされることは絶対に無くなるんですよ。

 

 

派遣社員として前向きに働くために僕から最も伝えておきたいことがあります。

それは「自分は必要とされていないんじゃないか?」と思わないことなんです。

 

繰り返しますが「派遣社員という肩書きはあなたのほんの一つの要素」でしかありません。

「派遣だから」とバカにされたとしても気にする必要はないんです。人は人自分は自分です。

 

この記事を通じて、明日からあなたの派遣社員としての人生が少しでも明るいものになれば嬉しく思います。

 

それでは!

アリーヴェデルチ!









シェアはこちらからお願いします

4 件のコメント

  • はじめまして、貴ブログ興味深く拝読いたしました。
    自分は昨年東京から家族と共に九州福岡へ転居してきた者です。
    東京ではハードワークでしたが、やりがいを感じながら働いておりました。転居後しばらくは諸事を片づけながら、学士入学した通信制大学の勉強をし、おかげさまで東京での疲れも取れたように思います。
    昨年12月から福岡での就職活動を本格的に開始しましたが、年齢も高いため、ほとんど書類選考でだめです。
    ある市の特別職(1名枠)に応募し面接を受け、先日結果が届きましたが「補欠合格」でした。この募集の定員や時期的なこともあり採用はないと判断し、また、貯金も尽きかけているので、先日、派遣会社に登録をしました。おかげ様で派遣就業先はすぐにあるようです。
    が、若いころ東京で経験した派遣社員、平穏な毎日が続けばよいのですが、やはり「心ない差別的扱い」などはあったので、それを思い出すと、嫌だなーとどうしても思ってしまいます。
    昨年まで第1線で仕事をしてきたこと等々、プライドがズタズタになるような気持ちも正直あります。
    貴ブログでご指摘されている「身の処し方について」、心から同感・賛成で、正社員であっても同様と存じました。あとは貴ブログでもご指摘のとおり、「自分の心の持ち方」次第なのだと思います。
    自分は配偶者がおり、比較的環境も恵まれております。また、中年ですが、学びたいことがたくさんあって、この「夢」を実現するための派遣就業と割り切り、「腐ることなく(これ、自分苦手なんですよ・・・)」前向きに就業したいと思います。
    辛くなったら、貴ブログにまた訪問させていただきたく思います。
    ありがとうございました!

    • しばさん
      初めまして

      心温まる返信ありがとうございます。

      ご家族で福岡にお越しになられたんですね~。
      慣れない地での暮らしとなるとご家族様も含めて大変なことも多いかと察します。
      しかし福岡は本当に良いところなので東京よりもより良い未来が待っていると思います。

      派遣社員として働くうえで一番大切なのは
      記事にもしましたが「気概」や「心の在り方」だと思います。

      「自分の心根がどこにあるのか?」
      「自分は何を目指しているのか?」
      「自分は何のために派遣として働いているのか?」

      それらが自分の中で明確されていれば
      何ら正社員や周りの声に対して「引け目を感じることは無い」と思いますし
      その上でご家族様などの理解を得られていれば胸を張って働くべきだと考えています。

      大切なことは(正社員を否定するわけではありませんが)どんな環境に居ようと
      どんな立場で働いていようと思考と行動を止めないことだと思います。
      意外と正社員でいることで思考が停止している人って多いですから^^;

      中年とか関係ないですよ。
      周りの中傷なんて無視。
      自分と自分を大切にしてくれている人のために頑張ることが一番かと…

      しばさんのご活躍と
      ご家族様の多幸をお祈りしています^^

      本当に暖かいメッセージありがとうございました。

      • ウケちゃん様
        温かいお言葉に涙がでます。
        ウケちゃん様のお言葉を胸に自分なりにがんばります!

        本当にありがとうございましたっ!