ダイエットにも効果的!?キングオブ軟水【温泉水99】を飲んでみた感想




まずはひとくち、飲んでみてください。

今までに体験したことのないまろやかな口あたり。

ほのかな甘み。そして、

「美味しい」と感じていただけたら

体が温泉水99を求めているサイン。

希少なアルカリ天然水の力で

あなたも内側から美しく健康に。

ダイエットを始めたころに、水が大切なことは知っていましたが

正直「水なんてどれを飲んでも同じでしょ」と思っていました。

 

当たり前のように、コンビニに並ぶ2リットル飲料水を手に取り、ひとまず順調に減っていた体重ですが

マイナス8キロあたりで恐れていた停滞期が来てしまい、体を壊し、減っては増える体重計の数字に悩んでいたんです。

 

ふと自分の生活を振り返ると

ウケちゃん
あれ?トイレの回数が少ない?

と思い、そこで見直したのが水でした。

 

食事のサポートをしてくれている彼女に相談をして、ものは試しにと購入してみたのが今回の温泉水99だったのですが

一口飲んだ瞬間「あ~体に良くて美味しい水ってこういうことなんだな」と強く感じました。

「ダイエットの水って何を飲んだらいいの?」

とお悩みの方あなたは、今回のレビューをぜひ自身の健康やダイエットの参考にしていただければと思います。

とにかく美味しい!

甘い

まず大切な味ですが「甘い」の一言です。

「水に味なんてないよ」と僕も思っていましたが、飲んだ瞬間に舌の上に残るほのかな甘さが口の中に広がりました。

 

大人が1日に必要な水の量は2リットルと言われますが、正直なところダイエットを始めてから「そんなに飲めない」と思っていました。

しかし温泉水99に変えてからはゴクゴク飲めるようになり、毎日の水分摂取に負担を感じなくなりました

 

また、冷やさずに常温でおいしく飲めるのも、温泉水99の大きな特徴ですね。

僕みたいに、お腹を下しやすい方でも安心して飲むことができると思います。

 

まろやか

僕も詳しくありませんが、水には硬度があり、温泉水99は軟水でとにかくまろやかな舌ざわりです。

 

よく温泉などで顔を洗うと、唇についた水滴がまろやかに感じることがありませんか?

あのまろやかな水質を、ダイレクトに体に取り込むような感覚なんです。

実際に飲んでみると分かりますが、飲んだ後に食道をスッと流れて、胃に浸透していくような水質で

それまで頻繁に出ていたゲップや食べ物の逆流も改善され、水質を見直すことの大切さを考えさせられました。

 

温泉水99とは?

温泉水99は、鹿児島県の桜島ふもと、垂水温泉の地価より47℃で湧き出す天然性アルカリ温泉水。

アルカリ性はph(ペーハー)と世界最高レベルを誇ります。

※公式パンフレットより引用

デザインは2種類あり

メインのデザインはこちらで

 

もう1つはこちら。

これは女性向けのデザインですね^ ^

量はそれぞれ、2リットルと500ミリリットルがあり、用途に合わせて飲むことができます。

ちなみに僕は、半身浴の後や食事中に500ミリリットルを1本、また寝る前と起床後にコップ一杯分(200ミリリットル)を飲んでいます。

 

温泉水99の特徴

温泉水99の商品に付属されているパンフレットには、以下の4つの特徴が紹介されています(中身を抜粋し紹介します)

>>>公式サイトはこちらから

温泉水99の特徴
  1. 健康水
  2. 美容水
  3. 飲料水
  4. 料理水

健康水

高アルカリ温泉水が、あなたの健康をサポートしてくれます。

横軸のアルカリ性(ph)は1違うだけで10倍は変わり、アルカリ数値が高いほど、体への吸収効率が高くなると言われています。

便秘知らずになった、風邪を引きにくくなったという声や、薬やサプリメントが飲みやすい、といった愛飲者の声も。

 

美容水

水道水の1/2以下の細かな粒子で、浸透力が高いのも温泉水99の特徴です。

カラダのすみずみまで行き渡るので、内側から若々しい体に整えてくれます。

また喉を潤すだけでなく化粧水や拭き取り用に使うと、角質層の奥深くまで浸透し、化粧品のなじみが良くなるようです。

 

飲料水

まろやかな飲み口に甘さ、美味しく飲める飲料水だからこそ、1日2リットル以上の水分補給もラクラクです。

体内では生成できないミネラルも同時に摂取できて、お子様がジュースを欲しがらなくなったというお便りも!

 

料理水

日本料理は「水の料理」と言えるほど、水の質が料理の質を左右する繊細な料理です。

日本人の食卓に欠かせないご飯とだしは、水が味を決めると言っても過言ではありません。

いつもの食材で作るメニューも、水を変えるだけで格段に美味しく出来上がります。

 

温泉水99を飲んで感じた効果

僕は普段の水は、それまでは某飲料メーカーの水を毎日飲んでいましたが

温泉水99と出逢い、以下のような体の変化や、新しい発見がたくさんありました。

汗がたくさん出る!

※写真は僕の体重の減少グラフです。

まず一つ目ですが、浸透力の高さで血流が良くなったのか、ランニング(有酸素運動)の時の汗の量が増えました

汗がたくさん出るということは、当然その分の体重が減ることになるので、体重計に乗るたびワクワクしています。

 

下痢が治った!

ダイエットを開始して50日ほど経過し、体重がマイナス8キロあたりで停滞期と謎の水下痢に襲われました。

原因は、それまでとは別の飲料メーカーの水に変えたことが原因だと思いますが、1週間近く苦しみ続けました。

 

そこで注文したのが温泉水99だったのですが、某メーカーのスポーツドリンクと混ぜて飲むと2日で治りました。

 

また、お腹の調子が良くなり快便になったことで老廃物が出るようになったのか、肌の状態も良くなりました。

運動や半身浴など、汗をしっかりと流した後に飲むと吸水率が高まるので、翌日の肌にハリが出ていましたね(笑)

 

ご飯が美味しくなる!

既出の通り、ご飯にも活用できる温泉水99ですが、量に余裕がある時はお米に使うのが本当にお勧めです。

洗米した後に温泉水99を入れてお米を炊くと、炊き上がりがふっくらし、お米が格段に甘くなりますよ!

甘みを感じられることで、少ない量で満足できるようになるので、必然的に低糖質ダイエットになっています。

 

店の飲みものに大変身!

浸透力の高いので市販のお茶やコーヒーなどに溶かすと、お店の飲み物ように感じられます。

お茶の葉が入ったパックや粉末状のものなど色々試しましたが、どれも美味しいんですよ!

 

特に驚いたのは青汁でした。

僕が飲んでいる青汁は大麦若葉が入っていて、粉末が粗いせいか喉に詰まっていたのですが

温泉水99と混ぜると粉がしっかりと溶けだし、また味も既出のように甘みが増すので美味しく飲めました。

 

1つだけ感じたデメリット

高アルカリで浸透力が高く、食べ物や飲み物のポテンシャルを引き出す温泉水99ですが、一つだけ感じたデメリットがあります。

それは何かというとトイレに行く回数が増えるということです(飲む前と比べて1日3~5回は増えています)

 

夏場はまだしも冬場が不安です(笑)

 

とはいえトイレの回数が増えるということは、体の不要なものを外に出すということなので、本来はメリットなんですけどね(;’∀’)

ダイエットをされている方は、体を冷やさないことが基本中の基本なので、特に冬場は常温やレンジなどで温めて飲むことをお勧めします。

 

結論:水はとても大事!

まだ飲み始めたばかりですが、第一印象としては温泉水99は、僕のダイエットにも良い影響を与えてくれています。

ざっくりとまとめると、とにかく美味しくて、体の調子を整えてくれて、水の重要さを再認識させられました。

 

大人が1日に排出する水の量は2リットル以上。

つまり同じくらいの水を毎日飲む必要がありますし、それだけの量を体の中に取り込む必要があるからこそ、本当に自分の体質に合った水を探すことが大切です。

 

市販のものと比べれば高価ですが、ダイエットや健康を含めた体のことを考えれば、その分の価値は充分に得られると思います

特に市販の海外の水が合わないと感じる方は、まずは「美味しい!」と感じられるかどうか、お試し感覚で飲んでみてはどうでしょうか。

それではまた!

アリーヴデルチ!









シェアはこちらからお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です